口臭の悩み

口臭は、かなりデリケートで、かつ、深刻な問題です。
生理的なものなので、誰しもある程度の口臭はあるそうです。
朝起きた時や、空腹時がそれです。

それは唾液の分泌が減ることに原因があり、水を飲むだけでも、においが弱まります。
しかし、口内環境の悪さが原因の口臭がおよそ九割を占めていて、その具体的な要因は、虫歯、入れ歯、ドライマウス、歯周病などが挙げられます。

これらの対処法は、口の中を清潔に保つように心がけることです。
その他の要因に、生活習慣病に由来する口臭や、風邪からくる口臭もあります。
においの強い食べ物、例えばニンニクを食べたあとに気になる口臭は、腸で吸収された臭いが肺に運ばれることによるそうです。

口臭を予防する簡単な方法は、食べること。
その時に出る唾液が、口臭を防いでくれます。

規則正しく食事をとると、そのたびに唾液が分泌されるので効果的です。
口臭という面から見ても、これまでの食生活を省みる機会になります。

最近では、例えば、においの度合を数値で判定したりするわけですが、この判定においても、無臭に近い状態であるにもかかわらず、口臭が酷いのではないか、と過剰に心配して神経症になっている人もいるようです。
わからないでもないですが、会話をしている時に、相手の表情や態度に異変がなければ、心配は無いでしょう。

気になるようでしたら、口臭をある程度防いでくれるアイテムが、薬局などにあるので、購入してみましょう。

«
»