ブラティスラバ

今まで住んだ中で一番寒かった国はスロバキアです。
その首都ブラティスラバに私はしばらく住んでいて、この国にいる間、どうやって居心地よく冬と付き合えるかを学べた気がします。
もちろん長く厳しい冬の間何をどんな時に着るかを知ることは本当に重要なことです。

私もこの国に着いた当初はファッションの為、なんの凹凸もない底をもつブーツを履いて思いっきりこけたり、ひらひらの乙女チックなスカートに一枚のタイツだけをはいて凍え死にそうになった経験がありますが、さすがにこんなことを長く続けるはずもなく、本当に寒い日は暖かい素材のズボンにさらに下にスパッツをはく、というスタイルが当たり前になってきました。

また雪の日は当然ぎざぎざが底についたブーツをはき、この雪が解け始めたら深い水溜りがあちこちにできるので皮でないナイロン製のブーツをはきました。
更に冬の何日かは必ずマイナス10度を超える日があります。

そんな日はかならず頭も帽子で守らないと、何も考えられなくなるくらい頭ががんがんと痛むことがあります。
さすがにこれだけマイナスの世界だと、寒い、を通り越して痛いのです。

だんだんと現地の人のようなファッションになってくると日本の私のいた都市の気候や服も忘れてきて、ある日母親にスロバキアの帽子をプレゼントとして送ると、その素材が私の実家の都市では暑すぎて汗までかいてしまう、とあきれられた笑い話もありました。

とにかくこんな寒さとつきあわなくてはならないスロバキアでも暖かくさえしていればとてもいい国で、乾燥しているので雪のひとつひとつの結晶まで見れますし、美しい自然と触れる機会も多いです。

多くの人たちはスロバキアというと暗い建物や厳しい冬をまっさきに思い浮かべてしまうかもしれませんが、結局は住めば都になるものですね。
スロバキアの思い出をアップロードしたいものです。


変形労働にも対応の勤怠管理システム
勤務時間を算出して給与システムに反映するだけの勤怠管理システムでは省力化と業務の課題とリスク解消はムリ
biz-work.jp/
関連:www.empreinteeternelle.com

«
»