日中飲み物の違い

日本の飲み物の中、生ビールが一番人気のようです。
それから、カシスオレンジをはじめ、カクテルはお酒の弱い人たちの好みでしょう。

飲み会に行く時、お酒を飲まないといけない場合、カクテルで代替するのが普通です。
なぜかというと、カクテルもお酒の一種に考えられます。
また、お寿司などを食べる時、熱い日本酒を飲むおじいさんたちも少なくありません。

中国では、まず生ビールが少ないです。
ビールといったら、瓶ビールが普通です。

また、カクテルもほとんどありません。
ウーロンハイのように、お酒の中にお茶を入れたりすることもほとんどしません。

ビール以外、お酒もありますが、そのままストレートで飲むのが普通です。
ところで、中国のお酒は日本よりずいぶん強いです。
アルコール数は45°や60°もあります。

しかも、お酌をされたら、必ず飲み干さなくてはならない!
下戸の人は、相当にストレスの溜まる風習ですので、下戸の方は上手な断り方を覚えておくと良いでしょう。
酒は百薬の長と言われるぐらいですから、一杯ぐらいは、お付き合いしても楽しいかもしれませんよ。

日本では、ビール競争が激化の一途ですが、スポーツ系ドリンクも多種多様です。
ゼリーは飲み物か食べ物かという議論もありますが、そうした手軽に飲める商品は、枚挙に暇がないですね。
新商品のペースも早いですし、それだけ市場は活気づいているということでしょう。

«
»