酪農家の知人の姿に勇気づけられ

知人がご夫婦で酪農をしています。
我が家から車で20分くらいの所なので、子供達を連れて牛を見に行きました。

丁度乳搾りの最中で、子供達も参加させてもらい大はしゃぎです。
ここのご夫婦は三代目になります。
二代目のお父様が戦後一頭の牛から酪農を立て直されました。

そして昭和54年、生き残る為に大手メーカーとは違ったやり方で酪農家のこだわりを消費者へ伝えようと、お父様は地域の酪農家の方々へ呼びかけ、独自に製品開発をし、今では地域ブランドに成長しました。

後を継いだ息子さんは、研修会や地域の組合への集まりに頻繁に参加したり、優良牧場の見学に行きノウハウを学んだり、努力を惜しまず積極的な方です。

奥様は私と同じ年なのですが、まだ小さなお子さんが3人いて酪農の仕事と家事との両立だけでも大変なのに、いつも元気でさわやかな方です。
この家族を見ていると、私も頑張らなければと勇気づけられた気がします。

さて、酪農家を始め、その他の第一次産業に従事する人々の環境は、二極化しているらしいのです。
企業と契約出来ている農家の間でも、厳しい要求に応えなければならない農家と、逆に提携の話が多過ぎて、より良い条件の企業と提携する農家という具合です。

これはどの業界でも言えることですが、プロダクトアウトではなくマーケットインの思考がなければ、自然に淘汰されてしまいます。
市場が必要としないものを生産しても需要はありませんからね。

«
»