マネジメントの経験

私はサラリーマンです。
この春、リフォーム専門店の店長に抜擢されました。
入社10年目にしてやっと花が咲きました。

同期は既に店長として活躍していましたから、正直焦りもあったのですが、あきらめずに続けてきて良かったと思っています。
この地域はリフォーム専門店のオープンがあいついでいる激戦区です。

我社の戦略に則った立地条件を備え、集客数も見込めると判断した上のオープンですが、やはり他店に負けたくないので売上が心配です。
責任がかかっていますので、妥協せず粘り強く頑張りたいと思っています。

外観の工事も完了し、看板の設置が行われました。
ようやく店らしくなってきた感じです。

今日は建具やバス、トイレの搬入作業がありました。
木材やサッシ等の大型資材の搬入が今後も続きますから事故のないように細心の注意をはらって臨みます。
アルバイトやパート職員の面接も完了し、研修に入ります。

やる事は沢山ありますが、活気にあふれた社員が多く、みんなよくやってくれます。
チームワークを固めて良い店にしたいです。
良い店とは、自分たちがいかにお客さんの目線で店舗運営が出来るかどうかだと思っています。

接遇という言葉があり、スパルタなのか甘々なのかわからないような研修が、テレビなどで取沙汰されていますが、あんな風に作り笑顔をふりまかなければいけないのでしょうか。
良かれと思う人だけが契約すればいいだけですけどね。

«
»