飲食業の繁栄

現代の都市は不動産の発展と共に、市中心の土地が高価だから、普通の人が都市中心で家を買えません。
市中心は商事の集散地になりました。

このように、都市の分布は大体市中心は大型な商品売り場、オフィスビル、ホテルなどになり、郊外地区は企業の工場になり、市中心と郊外地区の間は住宅団地になるでしょう。

このような都市の分布によって、大勢の人は毎日会社に出勤したら、夜になるまで、家に帰りません。
昼休みになると、昼ご飯は問題になります。もちろん家からお弁当を持って、会社で食べる人がいますが、毎日弁当箱を持つのが大変面倒でしょう。

この状況に応じて、飲食業も発展されました。
高層オフィスビルの周りに、大型美食城が建てられました。
また、電話をかけて、オフィスまで送ってくれるレストランもあります。

食に関するビジネスは、縮小することは無いでしょう。
今ではケータリングサービスも、価格も質も向上し、1人暮らしのお年寄りでも利用できるようになっています。
安否確認やちょっとした会話が安心感を与えますね。

そういえば、安否確認機能の付いた家電製品もありましたね。
ポットのスイッチが入ることで、異常が起こっていないかどうかを確かめる、というような仕組みだったと思いますが、IT時代の今は、テレビ電話がいいですね。

インターネット電話でも映像の通信が可能ですから、操作さえ覚えると良いでしょう。

お茶の種類

お茶と言うと、緑茶を代表として、紅茶、ウーロン茶なども親しまれています。
味も香りも色も全く違うお茶ですが、実はこれらは全て、同じお茶の木から作られるのです。

その違いは、加工方法です。
生葉を蒸してつくられたのが不発酵茶である緑茶です。

発酵させていないので、葉の色が緑のままなのです。
日本では緑茶が一般的に作られており、さらに「玉露」「煎茶」「深蒸し茶」「ほうじ茶」「玄米茶」「抹茶」など、多様な種類に分類されます。

生葉を完全に発酵させたのが発酵茶となる紅茶です。
酸化酵素が働くことで茶葉が黒っぽくなります。

紅茶は中国やインド、スリランカなどの熱帯で多くつくられています。
そして、摘み取った茶葉を適度に酸化させ釜煎りしたものが、半発酵茶であるウーロン茶なのです。
中国の福建省が産地として有名です。

一言でお茶とは片付けられないほど、実は多くの分類がなされているんですね。

単純なものに見えているのは、消費者にわかりやすくという配慮からなのでしょう。
わからないものには、消費者は手を出さないですから、シンプルにお茶を楽しんでいただくことが、生産者や販売者にとっては大事ですね。

複雑なものをシンプルに見せることは、非常に難しいことですが、わかりやすいことは普及にも繋がりますので、今後もますますお茶の需要は減ることは無いでしょう。
お茶博士なる人も、どこかにいるかもしれませんね。

金のなる木の根っこ
ロト7結果の見方
数字を選ぶ宝くじのロト7は当選番号と自ら選んだ番号を照合するだけ。シンプルだけど楽しめるロト7の結果はコチラ。
www.hpfree.com/takarakuji/loto7.html
関連:www.marais-poitevin-aria.com

«
»