飲食業の繁栄

現代の都市は不動産の発展と共に、市中心の土地が高価だから、普通の人が都市中心で家を買えません。
市中心は商事の集散地になりました。

このように、都市の分布は大体市中心は大型な商品売り場、オフィスビル、ホテルなどになり、郊外地区は企業の工場になり、市中心と郊外地区の間は住宅団地になるでしょう。

このような都市の分布によって、大勢の人は毎日会社に出勤したら、夜になるまで、家に帰りません。
昼休みになると、昼ご飯は問題になります。もちろん家からお弁当を持って、会社で食べる人がいますが、毎日弁当箱を持つのが大変面倒でしょう。

この状況に応じて、飲食業も発展されました。
高層オフィスビルの周りに、大型美食城が建てられました。
また、電話をかけて、オフィスまで送ってくれるレストランもあります。

食に関するビジネスは、縮小することは無いでしょう。
今ではケータリングサービスも、価格も質も向上し、1人暮らしのお年寄りでも利用できるようになっています。
安否確認やちょっとした会話が安心感を与えますね。

そういえば、安否確認機能の付いた家電製品もありましたね。
ポットのスイッチが入ることで、異常が起こっていないかどうかを確かめる、というような仕組みだったと思いますが、IT時代の今は、テレビ電話がいいですね。

インターネット電話でも映像の通信が可能ですから、操作さえ覚えると良いでしょう。

«
»