お茶の種類

お茶と言うと、緑茶を代表として、紅茶、ウーロン茶なども親しまれています。
味も香りも色も全く違うお茶ですが、実はこれらは全て、同じお茶の木から作られるのです。

その違いは、加工方法です。
生葉を蒸してつくられたのが不発酵茶である緑茶です。

発酵させていないので、葉の色が緑のままなのです。
日本では緑茶が一般的に作られており、さらに「玉露」「煎茶」「深蒸し茶」「ほうじ茶」「玄米茶」「抹茶」など、多様な種類に分類されます。

生葉を完全に発酵させたのが発酵茶となる紅茶です。
酸化酵素が働くことで茶葉が黒っぽくなります。

紅茶は中国やインド、スリランカなどの熱帯で多くつくられています。
そして、摘み取った茶葉を適度に酸化させ釜煎りしたものが、半発酵茶であるウーロン茶なのです。
中国の福建省が産地として有名です。

一言でお茶とは片付けられないほど、実は多くの分類がなされているんですね。

単純なものに見えているのは、消費者にわかりやすくという配慮からなのでしょう。
わからないものには、消費者は手を出さないですから、シンプルにお茶を楽しんでいただくことが、生産者や販売者にとっては大事ですね。

複雑なものをシンプルに見せることは、非常に難しいことですが、わかりやすいことは普及にも繋がりますので、今後もますますお茶の需要は減ることは無いでしょう。
お茶博士なる人も、どこかにいるかもしれませんね。

«
»