不動産業界へ転職希望

私の弟がネットで求人サイトを開いていたので、ちょっと覗いてみました。
不動産業界に転職を希望しているというのです。

弟が見ていたサイトには不動産業界の裏話やノウハウも掲載されていました。
業界専門用語がなかなか面白く、「一発屋」とはおとり物件等を使って売るだけ売って悪名が知れ渡ると雲隠れする業者のことを言います。

社名を変えて違う会社を装い一般営業を再開する事があるそうです。
「当て物」とは、当て物件の略で賃貸物件を案内する時に用いられます。
本命の物件をよく見せるための物件のことです。

そういえば、私が賃貸マンションを探している時も、最初に連れて行ってもらったマンションはいま一つで、結果三番目に案内されたマンションに決めました。
あれはこの業界でいう「当て物」だったのかもしれません。

業界には独特の商慣習などがあり、新規参入障壁や改革の遅れ、保守的な圧力などが降りかかってくるものと思われます。
が、不動産取引は法律の遵守によって取引がなされる厳しい制約のある仕事だけに、ヘンな事をすれば一発で廃業しなければならないというリスクも抱えていることでしょう。

不動産業界への転職希望は多いと聞きますが、必要な資格を所有することと、土地や建物という高額な取引には経験もモノを言うのではないでしょうか。
安定した事業は魅力ですね。

豚肉の部位もたくさんある
食肉卸業界での長年の実績 精肉もどうぞ
創業から一貫して最高の品質の食肉を取り扱いつつ付ける老舗の味をご賞味ください
meat-kimura.co.jp/

«