ミルクで紫外線防止対策

日差しが日に日に強くなってくると、紫外線が気になります。
SPD数値の高い日焼け止めや化粧品を使っていても油断は禁物です。

皮膚の細胞は自分が食べた食事が基になっていますから、日頃の食生活を気を付けるだけでも、シミや肌荒れを防ぐことにつながります。

なかでも私は今凝っているのが牛乳です。
以前は牛乳ならなんでも良かったのでスーパーに行っても安い牛乳を買っていました。

それが今ではブランド牛乳を飲むようになり、一度飲むとその美味しさから他の牛乳が飲めなくなってしまいました。
牛乳には美肌にかかせないビタミン類が多く含まれているからです。
牛乳には皮膚や髪のうるおいやツヤを保つ働きがあります。

その他、目などの粘膜を保護して免疫機能を高めるビタミンA、カルシウムやリンなどの吸収を助け丈夫な歯や骨を作るビタミンD、その他にも新陳代謝を促進するビタミンB1等の栄養素がバランス良くそろっています。

ビタミンCは単独でとるよりも、卵や鶏のささみ肉などの相性の良いタンパク質と一緒にとることで良質のコラーゲンが作られるので、ぜひお料理にも取り入れてみて下さい。
これからの季節は、体の内側からも外側からも紫外線対策をすることが美肌を維持するコツです。

実は紫外線対策だけが、牛乳に凝ってる理由ではないのです。
意中の人との婚約が決定し、女子力強化に邁進しているのです。
女子力って何だかはっきりとはわからないのですが、自分なりに、磨いていくつもりです。

牛肉の部位の名前
健康志向の食肉卸会社の精肉
常に「安全な品質」「安定した商品」をお客様にご提供し続ける
meat-kimura.co.jp/

«
»