博多祇園山笠に学ぶ

福岡市博多区にある櫛田神社の奉納行事。
13世紀、その時に流行った疫病を治めるため、町内に祈祷水をまいたのが始まりと言われている。

祭りは7月1日に始まり、お汐井とりなどの儀式が行われる。
クライマックスは7月15日早朝に行われる、「追い山」である。

博多の街の中に設けられた約5kmのコースを山笠が走り、そのタイムを競うのだ。
水しぶきの中、細い道も駆け抜ける山笠や、男衆の懸命に山を曳く姿は、迫力満点である。

7月上旬の山笠期間中、山笠に参加する男たちは、キュウリを口にしない。
輪切りにしたキュウリの断面がこの地域を治めていた殿様の家紋に似ているからなのだが、その徹底ぶりは、小学校の給食にまで及んでいる。

山笠に参加する「流れ」と言われる地域は全部で7つ。
中州流れ、西流れ、千代流れ、恵比須流れ、土居流れ、大黒流れ、東流れ。
7月になると、福岡市内には、そろいの法被姿の男衆が見られるようになり、そわそわと浮足立った雰囲気が漂い始める。

山笠の終わりとともに梅雨が明け、福岡に本格的な夏が到来する。

この行事は、会社の業務よりも優先されることが許されるというから、地域の歴史は深いもの。
逆に、福岡への転勤は、ほぼ強制的に山笠への参加がデフォルト、というウワサもあるが、信憑性は薄いかも。
しかし、男性なら一度は参加してみたいのではなかろうか。

福岡の企業との商談の際は、名刺交換より、山笠の話しを持ち出すと、非常に好感度がアップするということを体現している営業マンもいる。

今では通勤オンリーはノーマルではない
勤怠管理もカスタマイズが必要
作業者自らの勤退時間入力だけで一貫した労務管理作業が省力化。労務担当部署の業務効率化も大幅に推進。
biz-work.jp/
関連:www.nflsea.com

«
»