カップルライフの充実

若さを保つだけが健康の秘訣ではありません。

周りから「良い年の取り方をしているね」と言われる人を見ればわかると思いますが、年齢相応という部分も捨てるべきではないと思います。

が、やっぱり若さは羨ましてですよね。

気力と精神力は対抗できても、体力的には若さには敵いません。
それは仕方のないことですが、いつまでも体力にこだわり続けることは、逆に負担をかけてしまうことにもなるでしょう。

運動するにも、若い人と一緒に出来るラインには限界があります。
特にサッカーなどの激しいスポーツは、精々40代前半までが、自分が納得するプレーが出来るかどうかというところでしょうか。

現場を離れて大局から見てみると、また違ったフィールドで活躍できる場が見つかると思います。
これは年齢を重ねた経験値がモノ言うでしょうからね。
監督やコーチに30代で就任するパターンもあるでしょうが、失敗すれば「若かった」と言われ、成功すれば「若さや勢い」で片づけられやすいのもデメリットでしょう。

本当は戦略面や戦術面で卓越した指導力があるのでしょうが、そういったことは見過ごされがちになるんですね、青年監督やコーチは。

プレイヤーとして出来るだけ長くやりたいという思いは尊重したいところですが、ケガの回復力が格段に落ちていることを実感して、あきらめる人もいるようです。
草野球でも草サッカーでもプロでも、そこは共通するものですよね。

スキューバダイビングの楽しみ
若さを保つダイビングは石垣島
アウトドア派のマリンスポーツで人気の高いダイビングはスポットの多い石垣島が最高。
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«
»